トップページ > 生産設備情報
生産設備情報
生産方式は主に冷間圧造と呼ばれる工法であり、 削りかすのでない資源を無駄にしない方法であります。この加工方法は、 金型による加工であるため、加工速度が速く均一な製品が量産でき、低価格高品質のものが提供できます。 今まで蓄積されたねじの専門メーカーとしてのノウハウに加え、常に最新鋭の機械を導入することにより、 高度に進化し続けるねじ部品の製造を可能にしております。
また、放電加工機、研磨盤等の機材をそろえることにより、自社での金型の製作、修正が可能であります。 このことにより、お客様の要求を的確に金型に反映させることができ、迅速かつ、 より精密なねじ部品の製造が可能であります。また、各種試験機、分析装置、測定器も充実しており、 品質保証に万全を期す体制に成っております。
冷間圧造のねじは剪断加工、据え込み加工、押出し加工、トリム加工、転造加工等の塑性加工により成形されて行きます。 
そのプロセスを見てみましょう。
加工段階ごとのネジの写真
加工段階ごとのネジの写真
注)雌ねじ切りもロールタップと呼ばれるタップを使って転造加工で成形していますので、切りかすは出ません。