トップページ > キーワードで探す >セキュリティ
検索結果

LHスティックス

LHスティックスとは
LHスティックスはねじ締結の合理性を追求したリセスです。 トルク伝達部がねじ頭の外周にあるLH型と内側にあるLR型とに大別されます。締付け工具との相性ではその 使い勝手に合わせ、食いつきのあるタイプ(LR , LH)食いつきのない(LH , LRストレー ト)で構成され、さらに極小ねじを主体とするウルトラライン穴(ULR)及び、ULRを応用 した(ロックスター)主に建築用ネジとで体系化されています。また取り外し防止機能を 持たせるポール付きねじ、5ウィングねじ , 3ウィングねじ(マイクロスティックス)をライン ナップとしてそろえてあります。
 
総合カタログダウンロード




 LHスティックスシステム

 

自動車用ボルト・ソケットのご提案 

 小さな駆動角でボルト頭部を小さく薄くできます。

LH-SS薄頭の特徴
(1)駆動角α°はゼロなのでトルク伝達力が大きい。


(2)頭径は六角頭の約80%。


(3)頭の高さは六角頭の60%〜70%。


(4)頭部体積は六角頭の50%程度。


(5)締付けソケットの耐久性が高い。


(6)締付けソケットの軽薄短小化が出来る。

 
 自動車用LHボルトカタログダウンロード




 

Microstixとは
                             
Microstixカタログダウンロード


電化製品の軽薄短小化に伴い、ねじに与えられるスペースも少なくなってきました。ねじの頭が小さく、低くなれば、ねじリセス(駆動部)もまた自然と小さく、浅くする必要があります。与えられた条件化でいかに高作業性を保てるのか?マイクロスティックスはその要望に答えを出した画期的なねじシステムです。サイズは0.6mmから対応いたします。低頭だけでなく一般のねじの頭部形状にも対応しており、取り外し防止ねじとしてもその機能を発揮します。

   
低頭・薄頭ねじや極小ねじであっても首下補強が小さくてすみ
安定したしっかりとした締結が可能です。


こんなことに困っていませんか

 ・設計上スペースがないのでねじ頭を低くしたい
・S0.6,S0.8,M1 といった小径ねじを使いたい
・締結時に推力をあまりかけたくない
・ユーザが製品を分解してしまう
 十字の薄頭ねじを使っているが・・・

・首下の補強が邪魔だ
・リセス(ねじ穴)が崩れてしまう
・首した補強が邪魔でねじ山が減ってしまう



こんな事が実現できます

低頭・薄頭にできる(H=0.2mm)
・小径ねじも安定した締結が可能
・締結時に推力が少なくてすむ
・取り外し防止
マイクロスティックスは薄頭にしても・・・

・首下の補強が小さい
・リセスが崩れにくい
・首下補強が小さいのでねじ山が多い




 


 

OSG BITSとは
硬さ、靭性、精度に優れたビットを独自開発の技術で提供しています。
独自開発の冷間圧造工法で生産されたOSG BITSは高精度な品質を持っています。
また、迅速、かつフレキシブルな対応をしております。特殊品、小ロットにつきましてもお任せください。

OSG BITカタログダウンロード



BITSの特長 
冷間圧造方式による硬さ・靭性・精度に優れたビット
独特な圧造方式により、密度が高く強化された金属繊維組織を表面に実現しています。
その結果、硬度、ねじり強さ、寸法精度において均一品質の高作業性のビットを提供します。

 
 
LHスティックス®は、オーエスジー株式会社とオーエスジーシステムプロダクツ株式会社の登録商標です。
LH STIX® is a registered trademark of OSG CORPORATION and OSG SYSTEM PRODUCTS CO., LTD.